HOME >  松尾農園のにんにく >  赤唐辛子誕生秘話

赤唐辛子誕生秘話


【たくさんの方々の協力を得て完成した赤唐辛子】

「おっ!とうがらし!それいーやんか!やろう!やろう!」話は、一気に盛り上がりました。当時世間を賑わせていたのは、餃子に端を発した「中国農産物問題」。生産者の緊急総会に行く電車の中で、これからどんな作物に取り組むべきかについて、父と話していた時のことでした。

「おい!!、3000本も苗がきとるぞ!!」苗屋さんの手違いで、なんと1000本頼んでいたはずの唐辛子の苗がなんと3000本も来てしまうというハプニング。その苗をそのまま引き受けてのスタートとなり、初めての取組みでこんなに多くの唐辛子が無事育つのか、大変な不安なを抱えてのスタートとなりました。

唐辛子畑日々の管理を丁寧に丁寧に進めていくと、唐辛子もそれに答えるかのように順調に育ち、ついには、一面に赤く染まった唐辛子畑を見ることができました。 「あ~無事そだってよかったね~」喜びいっぱいの父の笑顔・・・でした。

ところが、さあ、そろそろ収穫をはじめようかというその年の秋に、父が突然倒れ急逝してしまいました。

霜が降りる前にと、残されたメンバーで収穫を急ぎ、どうにかして収穫を終えることができました。しかし、土を愛し農業ひとすじだった父がいないあなは大きく、商品化までには、試行錯誤の連続となりました。

「収穫した唐辛子は陰干しなのか、日向に干すのか、乾燥はどうすればいいのか」 すべてが手探りの状態でした。

そんななか、グリーンコープくまもとを中心とした担当者様から沢山の支援を頂き、ついに商品化の運びとなりました。

たくさんの出会いとご協力の中で誕生した唐辛子、できるだけたくさんの方々に食べて頂くことで、思いを共有できれば幸いです。
追伸

収穫後の唐辛子を軸から外す作業においては、大変な手間がかかるという問題点があましたが、地元の高齢者、子供を持つ主婦の方々、福祉施設の方々の多大な 協力をえて最終的な作業を無事おえることができましたこと、心より感謝致しております。みなさま誠にありがとうございました。

乾燥唐辛子   松尾農園の唐辛子